イボの基礎知識とそれぞれの対策について!

イボの基礎知識とそれぞれの対策について!

イボの基礎知識

イボとは「できもの」の総称です。皮膚から盛り上がっており医学用語では「疣贅(ゆうぜい)」と呼ばれています。イボは非常に見栄えが悪いと言われることが多い反面、多くの人が発症するという特徴も持っているのです。30代の女性の30%がイボを経験しているということから、その対策の必要性が高いことが分かります。

では、何故イボが出来てしまうのでしょうか。それには肌の新陳代謝が影響しているのです。肌は細胞の生まれ変わりが日々行われており、古い角質は外へ外へと押し出されていきます。これを「ターンオーバー」と呼び、ターンオーバーは28日周期で行われています。このターンオーバーがストレスや乾燥、紫外線や不摂生などの影響で上手に働いていないと古い角質が上手に排出されず、肌の表面に残ります。これがイボの正体なのです。

イボは体の部位の中でも皮膚が薄く、柔らかいところに出来やすいという特徴を持っています。代表的な部位で言えば顔や首、手や背中などが挙げられるのです。このどれもが人目につきやすいポイントとなっているため、イボの対策を早めに行わないと初対面で良い印象を与えづらいというマイナスポイントを持つことにもなりかねません。